872698547ec9a8df1dfaf82ab02cbfb9

女優でタレントの壇蜜(39歳)が、4月6日に放送されたラジオ番組「壇蜜の耳蜜」(TBS系)に出演。人気ラーメン店「ラーメン二郎」における“ジロリアン免許制”を提案した。


番組にはこの日、「ラーメン二郎」亀戸店で、名物“マシマシ”の廃止と大盛の量の見直しが発表されたことが話題になっている、との情報がリスナーから寄せられる。その背景には、SNSに写真を投稿するためだけに“マシマシ”を注文して食べ残す人が多いという状況があり、ジロリアンだという投稿者は亀戸店の英断を「素晴らしいと思う」とする一方、“インスタ映え”は困ったものと苦言を呈した。


壇蜜は「インスタ映えだよ。困ったね」と投稿者の話に全面的な理解を示した上で、「インスタ映えのために調理されているものと、そうでないものを、まずご飯とかお菓子の写真撮る人は見極めないとね。ダメだよね」とコメント。そして「結局、写真のためにお金をいっぱい使って、いいね!をもらうとか、評価をされるみたいなことで、お金が戻ってくるってことはあんまり考えられないですよね。なんか消費……気持ちも、行動力も、経済的なことも、全部Instagramに支配されてるのは、ちょっと寂しいかなって思うのですが、あまりにもそれって普段の暮らしで、『認めて欲しい』とか『分かって欲しい』が、たぶんそういう機会が減っちゃったからこそ、こういうシステムに気持ちが行くようになった気がするから、どっちも責められないですよね」と語る。

また、そうした“インスタ映え”を求める人たちによって、「常連さんのジロリアンが楽しみにしてたね、“マシマシ”がなくなるっていうのはすごく理不尽ですね。でもお店も、それまでに困ってきた経緯があるわけだから、『なんでなくしちゃったんだよ!』とは言えないですよね」とし、「免許制にすれば良いのかしらね? 審査とかするの」と提案。

そして「ジロリアンの免許持ってるの。タバコ買うときに、あれあるじゃないですか、必要なカード(タスポ)みたいなの。面接するの。『ラーメン二郎』の店長さんいっぱいいるんですよね。面接とかするの。免許持ってる人だけが“マシマシ”頼める。もう写真付きの。偽造できない社員証みたいなやつ。ジロリアンのID。それで『マシマシ』って言ったら、『免許いいですか?』って、『お!ゴールドですね!』みたいな」と具体的なイメージを伝えた。

また、入口にピッとかざして認証し、“マシマシ”が頼めるようになるシステムも提案され、「二郎好きな人ってそういう秩序とか、気持ちとかすごい入ってる方々が多い気がするから、きっとそういう認証式的なものも、認めてくれたらいいな、と思っちゃった。三者面談」と語る壇蜜だった。


(出典 news.nicovideo.jp)